関わり方の専門家とした理由

ごきげんてすか?

コミュニケーションデザイナーの大谷まどかです。

カタカナを日本語に直すときに、関わり方の専門家です。と言うようにしています。

私の定義してるコミュニケーションは、コミュニティから始まってるので、人の中でもうまくやっていくことをゴールに設定しています。

みんなと仲良くすること。ではないです。そしてどちらかというと子供よりは、18歳以上をイメージしています。子供にも応用はできますよ。

大人になるまでに当たり前にやってきたコミュニケーション。大人になってから求められるコミュニケーション。多数の中で使うコミュニケーション。1対1のパートナーシップのコミュニケーション。

それらがいいがになるための基本は、自分自身との対話である。

そう考えています。

レイディアントでも、ハートキーパーの会でも、お友達でも、相談に来る人は話のテーマを持ってきます。

仕事のこと、家族のこと、恋の話などなど。

だけど、それはどれもわたしから見たらそのタイトルは「〇〇さんの物語」なんです。

なので、相談のジャンルや、自分の専門領域は絞っていません。それを表現するために、「関わり方の専門家」に落ち着きました。

相談の半分くらいは、本人以外の話を持ってくる方が多いですね。本人は気づいていませんが。

自分自身が見えないと、コミュニケーションはいいがになりません。(ここはあえて、うまくとか、円滑に、とかではなく、いいがにで)

逆に、自分自身がわかれば、次のステップに進めます。

人は誰かも関わらずには生きていません。

人がいる限り、関わり方の悩みは尽きないのだと思います。

そんな関わり方について、何が起きてるのかを整理して伝える、行きたい方向のコミュニケーションをデザインする。そんなことをしています。

コーチやコンサルが増えてきてるように感じていますが、結局のところ本音が見つかれば人は上がっていけます。その本音が言えるのは、信頼関係があってこそ。

その信頼関係を作れるところに、この職種のプロさ加減が出るのだと思ってます。

私を信じてもらえるかどうか。そこに尽きるなぁと、最近また改めて感じています。

真の意味で、

自分を知り、愛せるようになる。

その道のりの伴走をする役目です。

私自身、関わり方を大事にしたいので、たくさんの人となんとなくよりは、一人一人と着実に歩める関わり方を選んでいます。

自分の正解(本音)を探す旅へのお供。

もちろん自分との対話でね。

やってることっていつもそれだなぁ。

何を言いたくて書き始めたかわからなくなったけど、今日はこれでいいや。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です