2歳男児のヘアカット・セルフで散髪する場合

ごきげんですか?

コミュニケーションデザイナーのまどさんです。

コスパ重視で育児してきて早2年。

息子の髪をカットするのは、まどさんのお役目です。息子に嫌がられない間は、このスタイルでいけるところまでいこうかなと。

昔、美容師になりたかったことや、父が少ない髪を母が切ってたことなどあって、自己流ですが自分で切ってます。

耳にかかる髪を手で払うような仕草をし始めたら、そろそろ切ろうかなぁって思って切ってます。

用意するもの

基本のラインナップ
  • 豆イス
  • 散髪ケープ
  • 洗濯バサミ
  • タオル
  • ストレートのはさみ
  • すきばさみ
  • くし
  • 掃除機やコロコロ(粘着ローラー)
  • 子供のお気に入りのビデオ
  • 可能ならもう一人の助っ人

まずはセッティングから

まずは、子供の機嫌は最優先ですね。2歳児の集中力や協力体制は、日頃の関わり方がモロに出ます。

急に都合よく行儀よくなんてわけにはいきません。ここはかなりポイントです。

そして、もう外出しない日の夕方にカットして、お風呂でいいがに流すのが楽です。

次に、お気に入りのビデオを正面にセッティングし、場を整えます。始まったら、あちこちにものを取りにはいけません。必要なものは手の届くところかつ、子供の気が散らない場所に配置しましょう。

そして忘れがちなこと。

エアコンは止めましょう。場所によっては髪が飛んでいきます。

下準備は、首にタオルを巻いてからケープをかけます。我が家では100均の大人用を使っています。

首回りが合わないので、洗濯バサミで留めて調整します。

セッティング完了はこんな感じ

カット開始!

ビデオが終わるまでが勝負です。

初めはせっかく見ている視界を邪魔しないように、サイドやバックから切っていきます。

ストレートのハサミである程度切って、すきバサミで整える。

この辺りのノウハウは、ググったらいろいろ出てきます。

うちは髪がしっかり生えてからはずっと前髪はオンザマユゲです。後ろは、つむじが二つあってヒョンヒョンするので、ちょっと長めにして落ち着かせています。

この辺りは、髪質や好みにもよりますね。

耳上は正解がよくわからないので、耳の形にそって、ザクザクっと切ってます。

全体的にすきバサミで整えます。くしでとかすと残ってる髪もざっくりは取れます。

前髪は、顔にかかるとジタバタが始まるので、1カットごとに髪をはらって不快指数を下げましょう。

少し小ざっぱりしたかな

前髪を切ると、表情が一層明るく感じますね。ビデオを見てる時の眉毛で合わせると、後から少し短くなる印象があるので、その辺は試行錯誤してみてください。

切りすぎても幼児なら可愛いで許されるということで😁

片付けが終わるまでが散髪です

仕上がったからといって、気を抜いてはいけません。

後半になればなるほど、ビデオの終わりと子供の集中がなくなって、動きたくなっています。

終わったらケープを外すのですが、ここでの髪の処理が1人だとやりにくいので、できればもう一人いてくれるとやりやすいです。

我が家の場合は、集められた分はゴミ箱に捨てて、残りの細かい髪は庭ではたいてます。

速やかにハンディ掃除機とコロコロで周辺を掃除します。

最後に、子供には、「ご協力感謝いたします!おかげでいいカットができました。ありがとう!」とお礼を伝えるのも忘れずに😊

日々の暮らしを、より豊かでごきげんに♡

コミュニケーションデザイナー・大谷まどか

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください